ブレイキングプロジェクトで気をつける点

ブレイキングプロジェクトで気をつける点

ブレイキングプロジェクトをやると収入がどんどん増えていきます。しかし、それでは最高の問題があります。それは税金です。

これを忘れてしまうととんでもないペナルティがあるので気をつけないといけませんので、そこを調べていきましょう。

ブレイキングプロジェクトの
秘密を見に行く

不労所得にかかるもの

日本では所得に対して一定の税金が発生してしまいます。企業や団体に所属して給与を貰う労働者の多くは、自分の給与分の税金は雇用元が年末に行う年末調整によって手続きは終わっています。

しかし、給与以外に所得を20万円以上得たり、源泉徴収されていない給与を得ている場合は確定申告をして税金を支払う義務があるので注意が必要です。

不労所得でかかる税金

税金にはたくさんの種類がありますが、多くの場合は雑所得になります。分類されない所得を全て指しています。

あまりにも大雑把な分類のため分かりにくいですが、例えば職業と関係ない分野で発生した収入や、FXや仮想通貨などの売買で得た収入、ネットオークションで得た利益などが雑所得に分類されます。

雑所得は年間20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。20万円以上の場合は、給与所得や事業所得などと合算され、所得税や住民税が発生します。

なのでそれくらいはブレイキングプロジェクトに参加するのなら簡単に行くので覚えていて損はないでしょう。

確定申告は必要?

確定申告とは、1年間の個人の収入・支出、世帯内の状況などの詳細を記載した申告書を税務署に提出することで、納付すべき所得税額を確定する一連の作業を指します。

不労所得などで一定額以上の収入を得た場合は、給与の年末調整とは別に確定申告を行う必要があります。

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2種類ありますが、以下のような違いがあります。複業、兼業などで個人事業主として開業している人は「青色申告」での確定申告ができます。

色々と手間がかかるのですが、効果がいいのでこちらをやっていくといいと思います。

税金はしっかりしておく

生活を充実させるために、セカンドキャリアの種まきに、さまざまな目標をもって始める不労所得を得るという新しい生活。

その方法は多様ですが、税金のことを忘れてしまうと思わないペナルティを課されてしまう可能性があるので、きちんと所得別に確定申告を行ってくださいね。

手間だと思うのなら税理士を雇ってみるのもありかもしれませんよ。

ブレイキングプロジェクトの
秘密を見に行く
TOPページを見る