ブレイキングプロジェクトが安心な理由

ブレイキングプロジェクトが安心な理由

ブレイキングプロジェクトはFXシステムを紹介していくことで報酬を貰えます。

そこでふとした疑問を感じることがあります。

FXってどういう人がやっているのかということです。

もしFXがあまりにもやっていないというのなら紹介するのも難しくなりますしね。

そこでここでは日本のFX事情を見ていくことにします。

ブレイキングプロジェクトの
秘密を見に行く

日本ではどれくらいFXが浸透している?

日本でFXをやっている個人トレーダーの人口は50万人強いると言われています。

日本の口座開設の数はもっと多いそうですが、世界全体の比率でいうと約6割に相当するそうです。

これだけ人口が多い地球で6割を占めているのは驚異的だと言えます。

もちろんひとりあたりの取引額は世界レベルでみると少ないでしょうが、個人投資家が多いことの証明と言えます。

日本のFXの普及率は世界的にみてもかなり高いです。

どうして日本で浸透しているのか?

元々日本人は世界的にみても基礎教育水準が高いので長引くデフレ環境下で、既存の投資に魅力がなくなった分気軽にできるFXに関心を持った人たちがすんなりと投資の世界に入れたからなのかもしれません。

さらに日本でFXトレーダーが増えているのは日本人トレーダーが増えれば増えるだけ、本やネットでFX情報が増えて身近なものになって情報を得やすくなる背景もありそうです。

世界的に有名な日本の小口投資家

いくら取引が少ないとはいえ、人数が多いと大きな数になります。

日本の投資家はミセス・ワタナベと呼ばれています。

その由来としては主婦やサラリーマンが昼休みを利用して円売り・ドル買いを進めた結果、相場が大きく動いたことが判明したことをきっかけに、市場で注目を集めるようになったことがあります。

英国の経済誌が日本人に多い名字を冠して「ミセス・ワタナベ」と名付けたとされ、それが理由で呼ばれるようになったと言われています。

日本人はFXが好き

意外と日本人は国民性としてFXのような金融商品が好きなのかもしれません。これは仮想通貨がとても広がったことと背景はありそうです。

しかし中々日本では自分が投資をやっているということをおおっぴらに言える機会はないようなので、一見投資に興味がない人が多いように見えていますが、このようなデータを見る限りそんなことはなさそうです。

そうすると負けている人も多いので、ブレイキングプロジェクトも紹介すると喜ばれることは間違いなしです。

ブレイキングプロジェクトの
秘密を見に行く
TOPページを見る